上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


2014年あけましておめでとうございます。

今年はデパートの福袋も5%伸びていたり、景気の回復を感じさせてくれますね。
私も数年ぶりにいくつか福袋を買いました。いいものが入っていたかは別として、こういうものにお金を使う余裕があるのも楽しくていいことですね

さて、
住宅金融支援機構の長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」の2014年1月の適用金利が発表されました。

長期金利は12月にじりじり上がって0.7%台です。その影響も受けてか、5ヶ月連続で下がっていたフラット35の適用金利は、足踏み状態(20年以下は微増)となりました。
しかし依然として過去最低レベルの低い金利水準であることは変わりません。、


具体的には、

返済期間が最長35年の「フラット35」の場合で、

返済21年以上の最低金利が1.80% (12月と同じ)
返済20年以下の最低金利は1.52%で(12月より0.01ポイントの増加)

となりました。


ところで、フラット35といえば、金利が上がらず安心だけれど、物件額の9割までしか借りられないという制限があります。物件費用全額を借りるフルローンが認められないので、今までは頭金の1割と、+諸費用を別に貯める必要があったのです。

ところが、消費税引き上げにより住宅購入が冷え込むのを嫌がってか、これを10割まで引き上げる動きがあるんですね。


政府、住宅購入費用を全額融資へ フラット35、14年度末まで

 政府は10日、長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」について、2014年度末までの期間限定で、頭金なしで購入費用の全額を借りられるようにする方針を決めた。年明けからの実施を視野に、13年度補正予算案と14年度予算案に必要額を盛り込む。
 国土交通省は、不動産市場を活性化させるため、来年春以降の実施を目指していたが、マンションなど住宅需要が好調なことから前倒しすることにした。
 フラット35は現在、物件額の9割まで融資できることになっている。
2013/12/10【共同通信】




つまり頭金が無い人でもマイホームが購入できるということになります。(それもどうかと思いますが…)
もちろん、それだけ審査は厳しくなる可能性がありますが、若い人などは買いやすくなるでしょうね。

しかし諸費用分は住宅ローンに組み込めませんので、どんな費用がどれだけかかるのか当ブログもご覧くださいね♪




↓フラット最低金利を攻め続ける楽天銀行の住宅ローン。
こちらのページでシュミレーションもできます。






↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,889,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)
   70,000円(地鎮祭の費用)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
関連記事


スポンサーリンク


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。