上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


今日は、不動産時代の経験を生かして、よい中古マンションの見分け方を伝授したいと思います。

「中古マンションは管理を買う」というくらい、マンションでは管理状況の良し悪しが大事です。
では、よい管理がされているかどうかはどうやってわかるのでしょうか?

業界内では有名(?)というか当たり前な話なので知っている方も多いと思いますが、「駐輪場」をみると、そのマンションの管理が行き届いているかどうかがよくわかるのです。(ゴミ捨て場も有名ですね)


では早速、よい駐輪場の管理について解説します。
わかりやすいように、点数を付けてみますね。(点数は私の勝手な基準です!)

0点・・・駐輪場がない(周辺道路や、建物前などに勝手に停められている状態)

30点・・・駐輪場が汚い。自転車以外のものがある。(例えばタイヤ、ゴミ、子供のおもちゃなど)
     駐輪場に入りきらない自転車がある。

50点・・・駐輪場に、自転車が整然とおさまっている。(ここが、フツウレベルです)

80点・・・駐輪場に停める自転車が、管理組合のシールなどで識別されている。

100点・・・管理組合の識別シールが、毎年発行(年度が書いてある)式で有料(例えば年300円とか)である


「ぇぇえー駐輪場にお金払うのイヤ!」って思う方もいるかもしれませんが、有料でシールを購入するような形式ですと、例えば不要になった場合にそのまま放置するようなことがありませんし、本当に自転車が必要な人だけが利用するのですっきりとしていつまでもキレイです。


たまに、放置自転車に撤去の貼り紙が貼られているときがあります。なかなかきちんと管理していて感心ですが、いつの貼り紙か日付を見てください。たまに1年前とかの貼り紙があります(笑)これだと1年放置を許しているのと同じになります。


また、駐輪場をのぞくと、そのマンションの住民構成がよくわかります。
たとえば子供用の椅子がついたママチャリが多ければ子育て世代の方が多いですし、
高級なクロスバイク(おしゃれサラリーマンが街乗りするようなやつ)とか電動アシスト自転車が多ければ、お金に余裕にある方が多いのね…という風に。
子供用自転車の数で、だいたいどの世代の子がいるかもわかります。
最近は表札を出さないおうちのほうが多いので、こういう情報を得にくいですが、駐輪場は住人情報が詰まっていると言えますね。

平日の昼間ですと通勤・通学・買い物などで自転車もお出かけ中のことが多いので、休みの日や夕方以降にのぞいてみるのもおすすめです。
自分が、その駐輪場に駐輪する姿をイメージしながら見てみてください。

気になる中古物件があったら、ぜひ試してみてくださいね。





↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金

関連記事


スポンサーリンク


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/18(Wed) 14:21 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。