上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


2013.03.07 赤字部分追記しました。ご指摘いただきましたかた、ありがとうございます。



久しぶりの更新です。


最近は、あーでもないこーでもないと頭を悩ませながら、初めての確定申告(住宅ローン控除)を行っていました。
我が家の場合は、

建売住宅
夫はサラリーマン(源泉徴収票あり)
土地・建物の名義は夫
借り入れも夫のみ
土地・建物で一緒に住宅ローン組んでる

と楽な要素満載なのですが、なにせ初めてなのでいろいろ戸惑いました。

土日の間に必死になってインターネット(国税庁HP内の「平成24年度確定申告書作成コーナー」)で書類を作成し、
昨日は市役所に行って住民票をもらい(350円)、
そのまま法務局に行って建物と土地の登記事項証明書(各700円)をもらったところで力尽き、
本日やっと税務署に行くことが出来ました。
疲れた~


我が家は平成24年入居なので、
10年間、年末ローン残高の×1%(最大30万円)の控除がうけられます(=お金が戻ってくる)。

※この最大30万円が戻ってくる、というのは、もちろん納めた税金が戻ってくる、ということですので、
もともと所得税を10万円しか納めていなければ、10万円しか戻ってきません。



平成23年入居ならば10年間、1%は同じですが最大が40万円、
平成25年入居ならば10年間、1%は同じですが最大が20万円になります。

結構ちがうんですね。しかも10年間ですからね…結構大きいですよ。


さて、必要書類をまとめてみたいと思います。


・住宅ローンの年末残高証明書(ローンの本数分)←銀行から11月頃送られてきた
・住宅ローン減税を受ける人の住民票 ←市役所で入手
・源泉徴収票(給与所得者の人) ←会社から1月ころもらった
・売買契約書の写し ←契約したときもらったものをコピー
・土地・建物の登記簿謄本(登記事項証明書) ←管轄の法務局で入手

+確定申告書(住宅借入金等特別控除額の計算明細書) ← インターネットで作成し、印刷


ただし、これはうちが建売住宅を購入したサラリーマンだからこれだけで済むのであって、
・長期優良住宅の場合は、長期優良住宅建築等計画の認定通知書の写し、および、住宅用家屋証明書
・建築条件付きで住宅を取得した人は、建築条件が定められていること等を明らかにする書類

などが必要になるようです。
かなりややこしいので、必ずご確認くださいね!
私は所轄の税務署に電話したら、確定申告電話相談コーナーに回されていろいろ教えてもらいました。

必要書類だけそろえて税務署行っても、丁寧に教えてくれるそうです。


ちなみに我が家は2900万円ほど借り入れしてるんですけど…

住宅ローン残高は 約2880万円(うひゃー笑っちゃうほど全然減ってない)

ということで、1%の28万8千円くらい戻ってくるはず♪
昨年は業績好調ということでボーナスが良かったんですが、その分税金もいっぱい払ったので、戻ってくるのうれしいです♪

あ、振込口座の情報も必要なので、通帳を持って行くといいですよ。

しめきりは3月15日ですが、もちろん過ぎても受け付けてもらえます。


追記 2013.10
2年目以降の手続きの記事はこちらです→2年目の住宅ローン控除しました


ここまでにかかったお金

32,417,210円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



関連記事


スポンサーリンク


コメント
Re: タイトルなし
コメントくださいました方へ(管理人のみ閲覧のコメントでしたので、こちらでお返事させていただきます)

ご指摘ありがとうございます。納めた税金以上はもどって来ない、そのとおりでした!追記で記載させていただきました。こういうことはきちんと記載しておかないと誤解を招きますね。反省です。
うちは昨年は業績好調だったためボーナスがどんと出て、例年に無く所得税額が上がっていたのでほぼ全部戻ってくることになりました。来年以降も好景気になってくれることをつよく切望しておりますv-410
2013/03/07(Thu) 17:36 | URL | ぽっこ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/07(Thu) 00:04 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。