上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


先日優雅に紅茶などいれてマイホームでのんびりしていたら…

納税事務所からお手紙が届いていました。

「不動産取得税納税通知書在中」って書いてある…。

やな予感。。。と思って開けたら、でました請求書。

土地の部分の不動産取得税請求書 98,000円!

なにー!もうボーナスなど残ってないわーと怒り狂いながらよく読んだら、
新築未使用の建売住宅を取得した人は軽減措置があるとのこと。

該当するための条件は3つ
1、建物の延べ床面積が50以上240平米以下
2、新築から1年以内の取得
3、購入による取得

ほうほう、全部当てはまるねぇと思い、必要書類そろえて本日県税事務所にいってきたところ、
めでたく全額免除となりました。

しかし、なんと減額申請しないと、0円にならないという恐怖のシステム。

うっかり払ってしまっている人もいるんじゃないでしょうか…。

みなさん気をつけてくださいね。


ちなみに、建物のほうにかかる不動産取得税は、すでに減額されたものが請求書で届くそうです。
どうやらこちらも10万前後になりそうな予感(減額後で)
うーむ、それのお金は用意しておかなければ…。




ここまでにかかったお金

32,405,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



   
関連記事


スポンサーリンク


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。