上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


さて、先日の申し込みの時点で、工務店といくつか約束をしていた事項があると書きました。
申込書、契約書にもこのことは盛り込んでもらっています。

その内容というのは、建売住宅の標準仕様からグレードアップしてもらったものです。
本来追加工事費がかかるのですが、これは本体価格に込にしてもらったので、
「かからなかった費用」というカテゴリーで足していきたいと思います。

グレードアップその1

 お風呂の標準仕様がセミオートタイプで、追い炊き機能がありませんでした。それまでのぼろ社宅ですら追い焚きがあったので、これは絶対につけて欲しいと交渉。フルオートタイプ(追炊き)に変更しもらいました。
最初に提示された差額がは+120,000円です。

グレードアップその2
 ガレージには自然換気口(つまり外とつながる穴みたいな)しか換気が無かったのですが、車の排気などがこもってよくないのでは?と思い、パイプファンの換気に変えてもらいました。スイッチを入れると回る台所の換気扇みたいなものです。提示されていた差額は+1万円です。




ここまでにかかったお金

100,000円


<内訳>
100,000円(申込金)


かからなかったお金


130,000円

<内訳>
120,000円(追い焚きグレードアップ代)
10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)



ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

関連記事


スポンサーリンク


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/26(Mon) 20:18 |  |  | 【編集
Re: セミオート
まるさん、書き込みありがとうございます!

ブログはじめて最初のコメントで、とてもうれしいです。
うちはオール電化なので、電気給湯ですね。だから差額が高いんでしょうか…。

これからもコメントいただけるとうれしいです。
どうもありがとうございました。ぽっこ
2012/11/26(Mon) 18:51 | URL | ぽっこ | 【編集
セミオート
通りすがりです。
セミオートも追い焚きありますよ。
セミオートとフルオートは、湯量までキープするかどうか。
お湯が減ってきたとき、指定の水位までお湯を追い足しするのが、フルオートです。
セミオートでも湯温は自動でキープしますし、追い焚きもできます。
10年くらいで給湯器も壊れるので、次交換するときは、セミオートでもいいと思いますよ~。
今回追加料金が発生しなくてよかったですね。(差額12万は高いです)


追記
すみません。ガス給湯なのか電気給湯なのかわからないのにコメントしてました。
電気だと事情が違うみたいです。
2012/11/26(Mon) 09:13 | URL | まる | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。