上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


以前宣言したとおり、今日は建売住宅のよさについてあつく語りたいと思います!!

まず

・比較的安い

まーもちろん使ってる材料とかも違うんでしょうけど…安いですよね。やっぱり。
その分間取りが選べなかったり、デザインが好みでなかったりしますけど、
気に入った建売があればサイコーですよね。



・仕上がりのイメージがしやすい

なんたってすでに仕上がっていますからね。
「ぇえ?こんな風になるとは思わなかった!」ってことは無いですよね。


・価格がわかりやすい

姉のところは注文住宅なんですけど、今まで家が建っていなかった土地に
大手ハウスメーカーで家を建てようとして、地盤改良費とか水道の引き込みとか
おっそろしくかかったそうです(それぞれ100万超)。
いろんなお金がどんどん必要になってぶち切れてました。
その点、建売住宅はわりとわかりやすいと思います。
どんな費用がかかるのかは、本ブログを参考にしてくださいね♪



・土地と建物が一緒に契約できる


これが最大によいところではないかと…。なんたってローンが1回で済むので楽ですし。
特にうちでは夫も私も住宅に対してアツイ思い入れが無く(例えば 南プロヴァンス風にしたい、とか、大きなベランダと吹き抜けのある家がいい、とか全く無い)、希望の立地に、快適で安全な家があればよいという考えなので、ローンが楽なのは良かったです。


・入居までの日が短い

姉のところは、HM決めてから引越しまで1年くらいかかってたかなぁ…。
雪深いところなので、すぐに工事に入れなかったせいかもしれません。(ていうか、HMの都合かも)
結構長い間、HMと打ち合わせで、ほぼ毎週くらい打ち合わせしていたような気がしますね。
赤ちゃんいるので大変そうでした。
こういう打ち合わせ楽しめる人ならいいですけど、うちは私も夫も基本めんどくさがりやで、
そのくせ「思い立ったら直ぐ!」タイプなので…。
そのてん建売はすぐ引越しして新生活がスターと出来るのがいいですね。

他にも、また思いついたら書きます。
なにか他にメリットご存知の方いたら教えてください。



ここまでにかかったお金

32,405,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)

かからなかったお金


2,721,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



   
関連記事


スポンサーリンク


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
Re: 質問です
こんにちは,質問ありがとうございます.(非公開コメントだったのでお名前控えますね)

物置きの交渉についてですが,他の希望と合わせて口頭で打診しました.すでに金額を引いてくれという交渉が決裂していたので,これじゃあ予定している物置きなど入れたら予算に収まらない,とかそういう感じです.
工務店さんとしては金額を下げるよりも新たに仕事が増えた方が物置メーカーとの取引も増えるし,職人さんの仕事も増えるし(当時は住宅着工数が少ない時期でした)受けいれやすかったんだと思います.交渉成立後には覚え書きを作ってもらいました.物置の工事をDIYでやるとあとで倒れたりする危険性があるので,いいメーカーのものを職人さんにきちんと設置してもらえたのは良かったです.
「不動産の値引き交渉のコツ」という記事も書いているのでよかったら読んでみてくださいね.何回もグダグダ交渉するよりも,欲しいものは最初に全部伝えた方がいいですよ.
素敵なマイホームになるといいですね.
2015/05/01(Fri) 16:01 | URL | ぽっこ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/27(Mon) 16:38 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。