上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


さてさて、いよいよ決済日を迎えるわけですが、
売主の工務店さんに追加工事を依頼していた分のお金も払わないといけません。

お願いしていたのは、

壁紙グレードアップ(普通の壁紙→機能性壁紙)

普通建売住宅だと壁紙は選べないと思うのですが、
今回は建築中に売買契約したため自由に選べることになったので
ラッキーでした。

しかし人間選べるとなると欲が出るもので、、、
標準仕様のものではなく、その部屋にあわせて、消臭や、汚れがつかない、空気をきれいにするなどの
機能があるものを選びました。
機能性壁紙というらしいです。

そのグレードアップするための差額が160,000円…。

ま、しょうがないですね。

その他玄関タイルやクッションフロアなども選ばせてもらったのですが、
こちらは標準仕様の中で選んだので差額は発生しませんでした。

よかった!





ここまでにかかったお金

31,896,060円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)


かからなかったお金


2,309,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ

関連記事


スポンサーリンク


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。