上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク


前回ハラハラしながらも住宅ローンの事前審査に無事とおり、めでたく契約となりました。


実は早めに契約したい理由がありまして、
私たちは建売住宅を売主(工務店)直接取引きで購入したんですが、
まだ内装とかが始まっていない状態だったので、
壁紙などはこちらで選ばせてもらえるということになっていたのです。

それで事前に壁紙カタログなどはいただいて、いろいろと夢や希望を膨らませて
いたのですが、実際の壁紙の発注は契約してから、と言うことにしていました。

申込書にも書いてあるとおり、住宅ローンの仮審査に通らなければ
白紙になりますからね~
万が一購入できなかったときに、私たちが選んだ壁紙が、他の方にも喜ばれるとは限りませんし…


ちなみに、契約書にも、「住宅ローンが通らなければ白紙になる」旨記載されていますが、
銀行さんのお話によると、
仮審査(事前審査)通って、本審査通らないというのはまずないそうです。

なぜなら同じ基準で審査しているからとのこと。

でも、例えば仮審査と本審査の間に会社をくびになったり、
申込者が悪いことして逮捕されたりすれば、通らないこともあるでしょうね~。


さて、契約ですが、
工務店さんに夫と出向いて行いました。事前に契約書類、重要事項説明書、設計図書など人とおりコピーをいただいていたのでスムーズにいきました。これは、絶対事前にもらって確認してくださいね!

私は地盤調査について不安があったので、契約前によく説明してもらいました。

なにか少しでも不安があったら、ぜったい契約書にサインしてはだめですよ。
「ちょっとこの部分が納得いかないので、一度持ち帰って検討します」と言えば良いのです。

もと不動産屋の私が言うのですから間違いありません。


さて、話は戻って、私たちが購入したのは、建売住宅 土地1100万、建物1900万  計3000万円の商品です


契約書は1通で、原本買主、コピーを売主が保管(双方原本保管なら2通なので印紙代も2倍)します。

契約金 100万円(ただし、申し込み金10万円を充当するので、この日の支払いは90万円)

印紙代 7500円(15,000円を売主・買主で折半)

札束とか初めてさわったのでドキドキしました~




ここまでにかかったお金

1,007,500円


<内訳>
100,000円(申込金)
900,000円(契約金残額)
  7,500円(売買契約時印紙代)


かからなかったお金


1,109,335円

<内訳>
120,000円(追い焚きグレードアップ代)
10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
979,335円(仲介手数料)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。



関連記事


スポンサーリンク


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。