上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは,ぽっこです.
今年のG.W.は久しぶりにお出かけしたりしてよい季節を満喫しました!
そしてその後家族で風邪をひいて…
季節の変わり目はきをつけたいですね.


この間NHKクローズアップ現代で「アパート建築が止まらない~人口減少社会でなぜ~」という放送をみました.いつまでかはわかりませんがこちらで一部無料視聴できます→NHKオンライン

もうね,畑つぶして賃貸アパート建ててるおじいちゃんたちが気の毒すぎて….涙でちゃいました.

私はサブリースの仕事したことはないですが,社内には部署がありましたのでちょっとは知っているつもりです.
サブリースってね,全っ然儲からないんですよ.超一等地にある物件なら別ですけど,基本的に賃貸経営って,新築からの数年をのぞいてはすごくリスクがあるし難しいんです.
だけど世の中にはサブリース会社がいっぱいあって,じゃんじゃん仕事をとってますよね.
サブリースは儲からないのにどうして成り立つかと言うと,建設させてる部門で儲けているんです.
だからサブリース部門がもうからなくてもいいんですね.
30年契約といっても,当初保障期間の10年をすぎたらとか入居率に応じて甲乙協議の上サブリース料の増減が出来るみたいな条項をこっそり契約書にいれておいて,収入下げられたオーナーが怒ったら契約切られたふりして手を引いちゃうんですよ.(これはクローズアップ現代みた感想です.特定の会社のことを言ってる訳ではないですよ!)

私は今のサブリース会社の契約書は知りませんが,検討している方がいたら,もし30年なら30年,絶対に金額を変えないという契約書になっているかよーーーーくチェックしてくださいね!(それでも倒産されたり買収されて会社なくなるリスクあります)
本当にアパートの需要があって経営が成り立つ土地であれば,「土地を売ってください」「土地を貸してください」と言われるはずですよ!!

不動産の投資って,そんなに簡単なものではないです.
うちにも投資用マンション買いませんか?もうかりますよ,年金のかわりですよって電話がきたりしますけど,絶対に儲かる話ならその会社が買って運用してるはずなんですよ.
企業ってお金がもうかることに対する嗅覚すさまじいですからね.
本当に気をつけてくださいよ!

…はぁはぁ,めずらしく熱くなってしまいました….
クローズアップ現代で困っているおじいちゃん見たのが堪えていますね.
投資に興味のない方でも,不動産は身近なものでいつこういう話があるかわかりませんから慎重に検討するようにしてくださいね.



さて、遅くなってしまいましたが2015年5月の住宅金融支援機構の長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」の適用金利が発表されました。今月は3ヶ月ぶりの金利低下となりました。

返済期間が最長35年(融資率9割以下)の「フラット35」の場合で、

返済21年以上の最低金利が1.46%(4月より0.08%低下)
返済20年以下の最低金利は1.23%(4月より0.08%低下)

となりました。これは指標となる長期金利が低位で推移しているためと思われます.

引き続き注視していきたいと思います.





↓フラット最低金利を攻め続ける楽天銀行の住宅ローン。
こちらのページの一番下のほうからシュミレーションもできます。
楽天銀行住宅ローン【フラット35】







こんなトラコミュを発見!勉強になるかも。
にほんブログ村 トラコミュ 家作りの悩み・トラブルへ
家作りの悩み・トラブル


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


ここまでにかかったお金

32,537,310円





<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,889,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)
   70,000円(地鎮祭の費用)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。