上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは,もう11月とは…月日が経つのは本当に早いですね.


住宅金融支援機構の長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」の11月の適用金利が発表されました。

4ヶ月連続で金利は引き下げとなりました。

返済期間が最長35年の「フラット35」の場合で、

返済21年以上の最低金利が1.81% (10月より0.12ポイントの減少)
返済20年以下の最低金利は1.52%で(10月より0.09ポイントの減少)

となりました。

もはや過去最低水準レベルで,長期金利もすっごく下がっているので納得は納得なんですけど,こんなに下がっていいのかな?もうけはあるのかな?


他にも,こちらは10年固定の最優遇金利になりますが.三菱東京UFJ銀行とりそな銀行は、年1.40%に,三井住友信託銀行は、年1.10%,三井住友銀行とみずほ銀行も年1.45%に引き下げるそうです.
大手5行がそろって下げるなんて,本当に金利の引き下げ競争が激しいんですね.これからもしばらくはこんな感じの低空飛行が続くのでしょうか.
引き続き注視したいと思います.
 



↓フラット最低金利を攻め続ける楽天銀行の住宅ローン。
こちらから口座開設できます。
楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!




↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
困ったことが起きました.

今日突然マイホームのトイレの水の流れが悪くなったのです.
朝,家族が出勤,通学する前までは普通に使えていました.
夕方みんなが帰って来て夕飯を食べ,その後金曜ロードショーのハリッポッターを楽しく観ていて,
CM中に先にこどもがトイレに入り,次に私が入ろうとしたら水が便器のふちギリギリまで上がって来ていて
あぶなくあふれるところでした.

こどもは小しかしておらず,トイレットペーパーもそんなに大量に使うことは無いと思うのですが…
どうして詰まったんだろう?
そもそも水があふれそうな中に,1回分のトイレットペーパーは浮かんでいる状態だったので,
詰まっているとしたらその前に使用した人だと思うのですが,誰かよくわからず….

私も1回はトイレに入っていると思うのですが,普通だったと思うのです.(記憶にないくらい)

幸い我が家はトイレが二つあるので,もう一つのトイレを使用していますが,リビングから離れているのでやはり不便です.(しかしトイレが2つあって良かった!とこれほど思ったことはありません)

トイレの水位は,1時間くらいするといつもくらいの水位にゆっくりと下がるので,
「あれ?直ったか?」と思ってレバーを回したらまたふちギリギリまで水位が上がって心臓が止まりそうになりました.


これは明日ラバーカップ(木の棒にゴムのお椀みたいなのがついててカッポンカッポンするやつ)を買ってくるしかないですね….

それで直らないと,便器を外してとかの工事になるとすっごくお金かかるみたいなので憂鬱です.
うう…楽しい週末がトイレのことばかり考えることになるとは…














↓家造りのトラブルに関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家作りの悩み・トラブルへ
家作りの悩み・トラブル


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


さて,先日のトイレのつまりのその後です.先日の記事はこちら→トイレのトラブル


楽しい金曜日の夜にトイレの詰まりのことばかり心配するはめになり,がっかりしながらも
「でも明日になったら直ってるかも?」という楽天的な気持ちもちょっとありました.
その日は遅かったので就寝することに.
なお,うっかり詰まっているトイレに入らないようにドアの前にバケツでバリケードしました.寝ぼけてたら忘れちゃいますからね.


そして土曜日の朝…

昨日あふれそうだったトイレは…


水が完全に無くなっていました.



これはよくない.

なぜなら,本来便器の下に少したまっているはずの水(これが下水からの悪臭などを防ぐストッパーの役割をしています)がからっからなんです.あふれるのもいやですがからっからもいやです.

そして恐る恐る「小」のレバーを流すと,案の定全然流れなくってあふれそう.

これは完全に異常事態だなーということで,朝10時を待って近所のホームセンター(ちなみにホーマック)に行きました.
もう目的はただ一つ,ラバーカップを買うことですので,入り口で店員さんに聞いて即お掃除コーナーへ.

ラバーカップも,和式用,洋式用,小さめ,大きめなど様々あります.
しかし昨夜トイレの詰まりについてみっちり調べていた私は(どんな週末だ)
迷わず一番大きいタイプの洋式用を購入.

下手に小さいのを購入して,うまく直せなかった体験談などを熟読し,これは一生ものと思って
いいものを買おう!!と決意していたのです.(だから100均のなど目もくれない)


形が普通のお椀を逆さまにしただけではなく,さらに吸い口がついていて強力なやつです.
↓大きさ,形はほぼこれと同じで,さらに収納カバーもついたものを買いました.1000円くらいだったかな.



私は初めてこのラバーカップを使ったのですが,これは詰まりを押し出すためのものではなく吸い出すためのものなのですね.なのでまずバケツで便器に半分くらいまで水を注ぎます.(水が無いと使えません)
ゆーーーっくりカップを排水口に押し付けて,中の空気を抜きます.
その後一気にカッポンと引くんです.なので,水がものすごくはねます.
透明のゴミ袋の真ん中に小さく穴を開け、そこにラバーカップの柄を通して,ゴミ袋を便座にかぶせてしまうといいですよ.

さてかっぽんかっぽんすること5回目くらいでしょうか,突然


っごっ…ごごごごごごごーーーーーー


という音がして,水が流れて行きました.

そして何事もなかったかのような顔した我が家のトイレ(でも水はねでびしゃびしゃ)


それ以来一週間経ちますが,問題は無く平穏です.
トイレが安心して使えるって本当にすばらしいことです.

結局何が原因かわからないのですが,原因として考えられることはやはりトイレットペーパーの詰まりだと思います.実は先日ガソリンスタンドでトイレットペーパーをサービスでもらったのでそれを使用していたのですが,それがダブル(2枚重ね)なんですね.
で,我が家はいつもシングル….それで,同じ感じで使っていると2倍量使っちゃうのかなと思ったりしましたが,本当のところはわかりません.

しかしラバーカップがある今は,安心感がちがいます.
我が家のトイレの神様として,物置きの奥で家族の安心を守ってくれています.
(※今回のラバーカップ代はマイホームの必要費用に加算しません)

クラシアンを呼ばずに済んで本当によかった.(そしたらこんな費用では済まなかったでしょう)

みなさんもお気をつけ下さい.



↓家造りのトラブルに関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家作りの悩み・トラブルへ
家作りの悩み・トラブル


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


こんばんは、もうすっかり冬っぽくなってきましたね。
我が家はオール電化なので、少しでも電気料金を減らすために窓に断熱シート(梱包のプチプチみたいなもの)を張り付けたりして涙ぐましい努力をしています。
でもそれでも電気代高いんですけどね。。。ふっ

オール電化住宅を推進しておいて、電気料金をあげるときには一番増額幅を大きくして負担を多くさせるなんてひどすぎると思います。
〇〇電力のバカ!!


と愚痴はここまでにして、今日はすまい給付金について書きたいと思います。

すまい給付金というのは、消費税率引き上げによって住宅取得者の負担が増えることを緩和するために導入される制度です。

簡単に言えば、消費税があがる平成26年4月から平成29年12月までの間に住宅を取得した人は、収入に応じて(年収低いほど多くもらえる)お金がもらえます。(要申請、しないと絶対もらえない)
しかし、誰でももらえるわけではなく、一定以上の年収の人はもらえません。
これはなぜかというと、同じく住宅取得者の負担軽減のために住宅ローン減税というのが拡充されるのですが、収入が多い人はこちらのほうでより多く恩恵を受けられるからなんですね。

あくまで目安ですが、
消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に10~30万円
10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に10~50万円給付することとなっています。
これだけ聞くと「きゃっほー!来年買ったら30万!」ってはしゃいじゃうんですが、実際に30万円給付される人の条件は、

「消費税8%時に購入した年収425万円以下の住宅取得者」となっていて、

ここから年収が上がるごとに10万円ずつ給付額が減っていきます。

「消費税8%時に購入した年収425万円超475万円以下の住宅取得者」 は20万円
「消費税8%時に購入した年収475万円超510万円以下の住宅取得者」 は10万円

そして年収510万円超だと0円です。うちは今年収が510万円超えているので、給付の対象外です。


また、給付の対象になる建物、および住宅ローンの有無によっても給付されるかどうかが変わります。

給付されるための主な要件は、

・引上げ後の消費税率が適用されること
・床面積が50m2以上であること
・第三者機関の検査を受けた住宅であること 等があります。

このすまい給付金は、住宅購入者の年収や建物、住宅ローン有無などによってもらえるお金がかわりますので、気になる方は、一度シュミレーションしてみてください。

国土交通省のすまい給付金のホームページに、2種類のシュミレーションが出ています。

ざっくりとした計算ができる簡単シュミレーションと、
源泉徴収票とにらめっこしながら金額をしっかり把握できるしっかりシュミレーションです。


私もさっそく簡単シュミレーションを私もやってみましたが、すぐできましたよ(給付金ゼロってすぐ出ました

これからマイホームの取得を考えてる方はぜひ試してみてくださいね。




↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
ひさしぶりに,我が家(建て売り住宅)ではかからなかった費用についてです.

最近は住宅建設ラッシュがすごいですね。うちの近所でもたくさん新築工事しています。

もう何ヶ月も前なのですが、帰省した際に親戚の地鎮祭にお呼ばれして行ってきました。
地鎮祭は子供のとき以来です.
そういえばむかーしむかし、私が小さいころは、ご近所で棟上式とかがあるとおもちをまいてふるまってくれましたが、最近は見なくなりましたね。

地鎮祭も、最近は少ないんでしょうか?
我が家は建売住宅なのでもちろんかかりませんでしたが
注文建築の方は、やはりする方のほうが多いんでしょうね。
親戚のおうちは自分の土地にハウスメーカーで建てる注文建築です.

ちなみに、親戚に聞いたら(小さい頃から仲良しでざっくばらんな関係なので聞いちゃいました
神主さんへのお礼(初穂料)やお供え品、テントを張ってもらう費用などでトータル7万円だと言っていました。天気悪そうだからテント貼った、と言ってたので、晴天見込みでテント無しならもっと安いのかもしれません.

この辺は地域差もあるんでしょうね。業者さんにご祝儀を渡すところもあるようですし。

ちなみに我が家はお祝いにお酒を持って行きましたが,HMからもお酒が届いていてそちらのお酒をお土産にもらいました(笑)

すてきなおうちが建ちますように

↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,889,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)
   70,000円(地鎮祭の費用)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。