上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京オリンピック決定おめでとうございます!
ねぼすけなので朝起きてから知りましたが、うれしくて叫んでしまいました。


さて、住宅金融支援機構の長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」の9月の適用金利です。

2ヶ月連続で金利は引き下げとなりました。



返済期間が最長35年の「フラット35」の場合で、

返済21年以上の最低金利が1.94% (8月より0.05ポイントの減少)
返済20年以下の最低金利は1.63%で(8月より0.05ポイントの減少)

となりました。

たとえ下がり幅は小さくても両方金利が下がっていると、下がり基調なのを実感できますね♪
指標となる長期金利も0.7%台で落ち着いているようです。
また、民間の大手銀行も9月に主力の10年固定型の住宅ローン金利を引き下げています。

しかし…

東京五輪決定で、来年からの消費税アップの可能性は高まったといえると思います。(景気の好材料なので)
また、インフラ整備で建設業は忙しくなるでしょうから、資材や人件費なども上がって建築コストも高くなる可能性がありますね。
東京の地価は上がるでしょうが、地方はどうでしょうかね…。個人的にはぜひ上がってほしいですが

景気の動向を注視していきたいと思います。

 






↓楽天銀行の住宅ローンはフラット最低金利を攻めています。
こちらから口座開設できます。
楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!




↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

基準地価が発表されましたね.
よく土地の価格は土地の価格は一物四価(ひとつの土地に4つの価格がある)と言われますが,この基準地価を加えて一物五価ということもあります.だから不動産ってわかりにくいって言われるんでしょうね.
ちなみに5つを書いてみると

1 実勢価格(時価)
実際に売買される価格,取引価格

2 公示価格(公示地価)
地価公示法に基づいて、国土交通省が毎年公表する価格

3 相続税評価額(路線価)
国税庁が毎年発表する、市街地などにおいて公衆が通行する道路(路線)に付けられた価格

4 固定資産税評価額
固定資産税などを賦課するための基準となる評価額

5 基準地価
道府県知事が国土利用計画法施行令に基づいて公表する毎年7月1日時点の土地価格.

となります.

基準地価は,もっとも実勢価格に近い(よく反映している)と言われていますので,気になる土地やご自分の土地がある方はぜひ基準地価を調べてみてくださいね.
マイホームを希望している方は,金額だけではなく,昨年からどんな風に動いているか(上昇方向か下落方向か)見るといいですよ.

調べ方は簡単ですし,もちろん無聊です.

平成25年都道府県地価調査
↑こちらのページに入って,上にある「標準地・基準地検索システム」で希望の土地の近くを探します.
まったく同じ場所はないと思うので,近所の地点を探して参考にしてみてください.

ちなみに…うちは地方都市ですが,平米500円アップしていました
ほんと,たったこれだけでもめっちゃテンションあがります…



↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。