上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※今日はかかった費用からは脱線した住宅購入に関するつぶやきです。



明けましておめでとうございます。

今年は珍しく夫も長いお休みを取ることが出来、我が家で親戚が集まって
賑やかにお正月を過ごすことが出来ました。
こういう時間が過ごせるのは本当に宝だと思います。



しかしそこで、ある出来事が…。


私が友達に出した年賀状が、宛先不明で戻ってきたものがあって、それをたまたま
母が目にしたんですね。

そしたらその文面の「家を買いました。よかったら遊びに来てください」という
くだりが気に入らなかったらしく…

「’家を買いました’じゃなく、’家を建てました’と書きなさい!」って…。

えええーーーーだって実際買ったんですけど…とちょっと驚いたんですけど、
やっぱり建売住宅っていうのが、年配の人にとっては恥ずかしいのかなぁと思いました。

私も夫も全然そういう感覚がなくって(ブログタイトルからして住宅購入~だし)
もちろん注文建築だったらより凝ったものが作れたかもしれないけど、
それだと予算が1.5倍くらいはかかりそうだったんですよね。
(エリア的に建売~3000万、注文4000万~のイメージ)

それで身の丈にあった建売を買って、そのかわり立地はこだわって、家も吟味したつもりだけど、
やっぱり親にとっては恥ずかしいのかなぁ…

と、ちょっと考えさせられたお正月でした。






ここまでにかかったお金

32,370,060円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)

かからなかったお金


2,309,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ










スポンサーサイト
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
昨日の記事、「建売って恥ずかしいの?」は、今読み返すと完全に愚痴ブログですね
気を悪くされた方がいましたら申し訳ありません。

あのあと、「建売と注文住宅の比率ってどれくらいなんだろー」とか気になって
いろいろ調べてしまいました。私ってそうとう気にするタイプですね(笑)


国土交通省の住宅着工統計調査(平成23年)によると、

平成23年の住宅着工戸数は 834117戸
    そのうち持ち家は 305626戸(←これが注文住宅)
       分譲住宅が 234571戸だそうです。(それ以外は貸家など)

それで、この分譲住宅がさらにマンションと一戸建てに分かれていて、
    分譲住宅(マンション)116755戸
    分譲住宅(一戸建)  116798戸
となっていました。

だから、建売住宅と、注文住宅の数の比較としては
  
   建売 116798戸
   注文 305626戸

となりますね。注文のほうが3倍近く多いんですね。

それで、「ふーむ」と思いながらこの国土交通省のHP見てたんですけど、
都道府県別の資料みていたらあることに気付いたんですよ。

例えば、東京都だと、持家着工数 19160戸、分譲(一戸建)着工数 19336戸で、
なんと建売一戸建てのほうが多いんです。
(ちなみに分譲(マンション)は41649戸でもっと多いです)
 
しかし地方、例えば鳥取県では、持家着工数1291戸、分譲(一戸建)着工数 48戸で、
実に96%以上が注文住宅なんですね。


私の実家は結構田舎のほうで、やっぱり統計みると持家着工数がずっと多い地域なので、
親としてはあんまり建売になじみがなかったのかなーと思いました。

今住んでいるところは地方ですが政令指定都市なので、建売と注文は半々かな?という感じで、
一番物件の数が多いのはマンションです。(希望エリアがわりと中心部なので)


ちなみに・・・

私は建売住宅買って、とーーーっても満足していますよ(^^)

次回は、建売住宅の良さについてあつく語りたいと思います。






ここまでにかかったお金

32,370,060円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)

かからなかったお金


2,309,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ











   
 
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
ここしばらく脱線して愚痴ブログを書いたりしてしまいましたが、
あんまり時間を空けるとかかった費用忘れそうなので先に進みます。
すみません。


さて、決済・引き渡しが近づいてきたころ、私は頭を悩ませていました。

それは、家の顔、表札です。

たぶん、一度つけたらずーーーーっと替えないだろうから、
すっごく気に入ったのをつけたい!!!

と思って、ホームセンターを回ってみましたが微妙にださい…。

しかも高い…。と悩んでいたら、なんとネット(楽天)で
すっごくかっこいい表札を見つけました。




↓これです
まじでかっこいいです。
後ろのステンレスの台座も買いました。
あわせて18,500円でした。
はっきりいって町内会一かっこいいとおもっています(笑)




しかしどうやら外壁に穴をあけないとつけれないらしい。

夫につけてくれと頼むが「むりむりむり…」と逃げ腰

結局工務店さんに引渡しの時つけてもらえることになりました。よかった!



ここまでにかかったお金

32,388,560円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)

かからなかったお金


2,309,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村






   
 
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
決済日は、銀行の振込予約で
銀行→夫の口座→工務店の口座
とお金(借入金2900万円)がするーっと異動していきました。

夫婦とも普通に出勤していたので決済日の実感はあまりなく…

むしろその次の日にお願いしていた引渡しのほうがてんやわんやでした。
(普通は、決済日に引渡しもしているみたいです)


それが、びっくりするくらい、いろんな業者さんが来るんですね。
ボイラーの説明の方とか、キッチンの説明の業者さんとか、インターホンの説明の方とか、、
そして説明を聞いてもらうための順番待ちをしている・・・。

うむ、これはおぼえきれない、と思いながら夫と聞いていました。

その他、トイレットペーパーホルダーとか、リモコンの位置を希望の
場所を聞いてから取り付けするために大工さんも来ていました。
そこで事前にお願いしていた表札を取り付けしてもらいました。
無料でした。わーい。
(ちなみに、これだけ頼むと5,000円くらいみたい)


いらっしゃる業者さんに渡すために缶コーヒーを1ダース用意していましたが、
あまりに入れ替わり立ち代わりするのでバタバタして渡せず、
結局最後に工務店の営業さんに渡しました。
スーパーで安いのを買ったので、900円くらいでした。

さあーて、あとは引越しだー!



ここまでにかかったお金

32,389,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)

かからなかったお金


2,309,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村






   
 
我が家はひかり電話を利用していて、ネットもそれでつないでいるんですけど、
(夫任せで詳しくないのでうまく説明できなくてすみません)
その移設工事の費用そのものは確か2000円くらいですごく安いなーと思いました。

新築住宅だと、電話線の移設(新設)工事で1万円は超すと思っていたので。
どうやら家までは来ていたのかな?

しかし落とし穴が…。

今までは社宅で、集合住宅だったのでインターネットと固定電話あわせて5,000円くらいだったのですが、
これからは戸建住宅のプランになるということで月々1000円以上上がるんです…。
知らなかった…。同じだと思っていたのにー。
すーっと1000円アップって、大きいですよね。
30年だと36万ですよー。



どうせならもっと安いとこないかいっぱい調べればよかった…
でも当時はへろへろだったもんで、しょうがないですね。


みなさんもお気をつけください。



ここまでにかかったお金

32,389,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)

かからなかったお金


2,309,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村






   
 
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。