カテゴリー内個別記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、長かった本ブログも、ついに無事引渡しが終わり
引越を迎えました。

同じ町内なのでホテル代などはかからないのですが、家具の配置や荷解きで
ばたばたになるであろうと想定して、子供たちは実家に預かってもらうことにしました。
そして、引越しの次の日、ある程度人の座ったり出来る場所ができたところで
子供たちを連れて来てもらいました。
本当にこういうのはマンパワーがありがたいですよね。

引越しそばだね~ということで、おすしとおそばがセットになったものを出前で取って
みんなで楽しく食べました。(本当は引越しそばって引越し挨拶のこと言うみたいですが)

8,000円くらいでした。


ここまでにかかったお金

32,397,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)

かからなかったお金


2,709,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)

ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村






   
 


スポンサーサイト
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
引越し初日、子供たちは実家に預かってもらっていたので夫と二人だったのですが、
今まで集合住宅だったので一戸建てで眠るのが防犯上大丈夫なのかと心配になりました。(今さらですね)

そこで、「防犯砂利を敷こう!
と思いつき、早速次の日ホームセンターに買いに行きました。

防犯砂利って、踏むと「ジャリッ…」って大きい音がして
誰かが侵入してきたのがわかるっていう商品です。
↓こんなの


ホームセンターではもっと安くて、20L一袋で800円くらいでした。こりゃ安いと思って3袋買って帰って、
撒いてみたら笑っちゃうくらい足りない…。
結局死ぬほど忙しいのにまた買いにいって、合計10袋分撒きました。
すごい量だったので、ネットで買うほうが賢いかもしれません。

8000円で計上します。


ここまでにかかったお金

32,405,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)

かからなかったお金


2,709,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)

ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村






   
 


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ


今日は予定外の費用についてです。

今までの狭い社宅から新築一戸建に引越しをして大はしゃぎしていたのもつかのま、
夫がケータイのWi‐Fiのつながりが悪いと言い出しました。

あ、確かにそうかも・・・場所によっては3Gになっちゃうね、と私はあんまり気にしなかったのですが、
夫はスマートフォンをフル活用するタイプなので、
どの部屋でもつながらないと困るということで、
Wi-Fi飛ばす装置(ルーター?であってますか?詳しくないのでよくわかりません)を買いに行きました。

ヤマダ電機で、かなり強力なやつを選んでもらい、1万円くらいしました。

家が広くなるとこういう費用がかかったりするので、ご注意ください。


ここまでにかかったお金

32,415,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
さて、長らくだらだらと続けてきた「かかった費用」ですが、ここらで一度〆て考察してみたいと思います。

3000万円の建売住宅(土地付)を購入して、入居後半年までに支払った金額は、

32,417,210円となりました。

本体価格以外に支払ったのは 約242万円ということになります。
本体価格の約8%ですね。

家具の買い替えも控えてかなり節約したつもりだったのですが、こちらのオールアバウトの記事(建売住宅の諸費用How Much?)にある、「物件価格の6%相当」を大幅に超えてしまいました…。
火災保険と、カーテンがちょっと高かったかな…。

しかしこれがもし新築建売にもかかわらず仲介会社が間に入っていたらさらに+100万円近くかかっていたので、コレだけは本当によかったです。
みなさんも住宅を購入するときは、仲介か売主か必ずチェックしてくださいね!!

うちは建売なのでこれくらいでしたが、注文住宅だと他に
地盤調査費、地盤改良費、外構工事費、冷暖房工事費、ガス・給排水工事費、確認申請料・
竣工検査料なども載ってくる可能性がありますので、もっともっとかかっていたでしょう。
一般に、注文住宅のほうが諸費用は多くかかるようですね。
ちなみに私の姉は大手HMで建てましたが、土地+本体価格の15%くらいかかったとぼやいていました。
そんなにかかったらうちなら貯金ゼロになっちゃいますよ…(><)


一応、これからもかかってくる費用を、メモを兼ねて書いておきたいと思います。

不動産取得税建物分 10万円(多めにみています) 1回のみ
固定資産税 土地建物合わせて20万くらい(住宅ローン控除と相殺予定) 毎年
外壁コーキング (5~10年に一度) 30万くらい
電気温水器(15年~20年に一度)30万くらい
暖房パネルの不凍液交換3万円 4年に一度
カーポート 20万円(夢)
外構工事 150万円(夢)

こんなとこですかね~
正直これ以上にまだまだかかりそうなんですけど、怖くなってきたのでこれくらいにしておきます。
本当に、戸建はメンテナンス費用がかかりますね。

マンションの修繕積立金のように、自分でコツコツと
お金を貯めていくしかないと思います。

もし、毎月のローンでキツキツで、修繕の分の貯金が出来ないようなプランであれば、一度見直しをしたほうがいいですよ。
一回り小さい家にして余裕を作るか、賃貸にするか、、、
賃貸なら、ボイラー不調でも管理会社に
「直してください!」
っていうだけですけど、マイホームだと自分で修理費用ださないと直りませんからね。
購入後もいろんなお金が継続的にかかることを前提で、計画を立ててくださいね。


ここまでにかかったお金

32,417,210円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村




さて、すっかり春ですね。

新年度でバタバタして、ブログにアップし忘れていましたが、4月中旬ころに固定資産税・都市計画税(二つはセット♪)の納税通知書が送られてきました。税は払うべきものなので、請求書じゃなくて通知書っていうんですね。
いつごろくるかな~と思っていましたが、その年の1月1日所有者宛に、4月に送られるのが一般的のようです。マイホーム持ちのみなさんは届きましたか?


そういえば昨年、市税事務所の委託を受けた評価員さんがやってきて、図面(間取り、立面図、矩計図)のコピーをあげたり、家の中を見せたりしました(家屋調査)。あれで建物の評価を決めたようです。

我が家は昨年建売住宅を購入したので、昨年は土地の部分の精算金のみ支払いました。
そのときの記事はこちらです→「固定資産税精算金をはらう
なので、きちんと所有者として固定資産税を払うのは今年が初めてです。


さて、気になる金額ですが…

土地、建物あわせて110,500円でした。

思っていたよりも安かった、という印象です。
家屋調査のときは、「うちが立派だと評価されすぎて高くついたらどうしよう!」と心配していましたが、ごくふつーのほどほどの評価をしてくれたようです。うれしいような悲しいような…。

ただし、この金額は
住宅用土地の軽減税率(200平方メートルまで6分の1)と、
新築住宅の軽減税率(120平方メートルまで2分の1、ただし3年間)がすでに適用されています。(条件によっては5年間軽減されるときもある)

なので、4年目からはきっと5万くらいあがるかな。
評価替の度にだんだんと建物の評価は下がっていくはずなので、もう少し上がり幅が少ないかもしれませんが、その辺の評価は私ができるわけではないので、予測不能ですね。

さて、支払いですが、4回に分けて分納する方法と、一括払いの方法とありましたが、最近出費も多いので分割で1期分だけ支払いました。コンビニで払えるのは便利ですね。

金額はここで1年分を加算します。


↓マイホームにかかるお金の記事が集まるトラコミュはこちらです♪
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,527,710円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
昨日、はじめて町内会費の集金がありました…。すっかり忘れていて、びっくりしました…。


もちろん、引越しの際に町内会長さんのおうちに挨拶に行ったのですが、
「町内会のお仕事とか、いろいろ教えてください!」って言ったら、
「今は行事とかもやらなくなって、回覧板まわすくらいなんですよ。特に活動とかないんです」
っていうお返事で会費も徴収されなかったので、
「活動がない」=「町内会費もない」なのかと勝手に思い込んでいたのですが、
ただ単に年度始めに一括で集めるシステムだったようです。


それで、金額なんですけど、
なんと9,600円だったんです。高っ!
町内会費に相場があるのかどうか知りませんが、財布の中身からっぽになりました…。

まあ、毎月800円と思えば、高くないんですかね?一戸建てでは普通でしょうか?

以前住んでいたところは社宅で、ゴミ捨て場も社宅専用に管理していたので、町内会費はかかりませんでした。
さらにその前に住んでいたマンションは、確か200円くらいが、管理費と一緒に引き落とされていました。

うーむ、これから毎年4月に1万円が飛んでいくのか…。
でも地域によっては町内会の入会金として数万~数十万円必要なところもあるというので、まだ良心的なほうかな?
本当に、一戸建てになるといろいろお金がかかりますね。


↓家造りのあんな悩みやこんな工夫、いろいろためになるマイホームブログのトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ マイホームブログへ
マイホームブログ



ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
最近,すっごく外構工事をやりたいなぁと思っているぽっこです.


なんでかというと,うちは建売住宅を購入したときの最低限の仕上げ(駐車場とアプローチのみアスファルト仕上げ,あとは砂利敷き)で,土のある,庭らしい庭がないんです.


それで最近,「お花植えたいなぁ…」て思うようになりまして.

特に,クレマチス(花の名前)が植えたいなぁって思うんですよね.以前は「植物の世話などしてられないからいらん!砂利でよし!」って言ってたのに,土いじりがしたくなるなんて年なんでしょうか?

それでここしばらく花壇の本なんて眺めていたんですが,砂利にいきなり植えるわけにもいかず,やっぱりちょっと外構工事して花壇も作ろうかな?一部はコンクリにして駐車場もう1台増やそうかな?なんて考えているうちにこんな本を見つけて買ってしまいました.

↓これを毎日寝る前に眺めて,これが素敵あれがステキと付箋を貼りながらみています(^^)





お家を見せてくれる本はいっぱいありますが,外構(特に門,アプローチと駐車場)に限定された本は少ないですよね.この本は一冊まるまる玄関周辺ですよマニアックですよね.

で,この本のよいところは,実際の外構,エクステリア工事の写真が盛りだくさんなのはもちろんのこと,施行会社やかかった日数,人によっては外構費用まで公開しているんです!
うちの隣もステキな外構していらっしゃるんですけど,やっぱりいくらかかったのかとか聞けないじゃないですか!?

だから費用を公開してくれるのはとってもありがたい

しかし!

それがまたお高い!!!

やっぱりムック本に掲載されるようなおしゃれ外構だけあって,300万とか平気でするんですよ…
予算50万円とか言ってるようじゃきついな…

でも,こういうおしゃれな工夫を取り入れつつ,出来るとことは自分でやって,いかに安く仕上げるか考えるのもなかなかいいものです.

あと,結構みんな日数がかかるんですね.20日とか….やっぱり外構は最初に一気にやってしまった方がいいものなのかもしれませんね.

とりあえずお金を貯めよう….




本当はこっちが欲しかったけど,本屋に在庫がなくて上の本を買ってしまった.こっちはモダンスタイル限定.シンプルでおしゃれな感じ.
↓アマゾンで中見(試し読み)が数ページ見れます



カーポートも欲しい熱が再燃…




↓気になるみんなの外構が見れるトラコミュ発見!
にほんブログ村 トラコミュ WEB内覧会*外構へ
WEB内覧会*外構


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


さてさて、年末が近づいてきて・・・やってきました住宅ローン控除(大好き!)の時期です。

我が家は今年で2年目!2年目の手続きを済ませたのでそのやり方を詳しく書きたいと思います。ちなみに1年目の確定申告の記事はこちらです→やっと確定申告してきました(住宅ローン控除)


うちの夫はサラリーマン。ですので、2年目からは勤務先の年末調整で簡単に手続きができました。

基本的な条件は以下の通りです

建売住宅を購入
夫はサラリーマン(源泉徴収あり)
土地・建物の名義は夫
借り入れも夫のみ
土地・建物で一緒に住宅ローン組んでる



さて,用意する書類は2つ。


1 税務署から送られてくる「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」
我が家は10月下旬着でした。
住宅ローン控除、現在は10年間受けられるんですけど、2年目から10年目までの申告書が一度に届きました。このうち、平成25年用の1枚だけを使用します。
残りは大事に大事にとっておかないと。。。ただの紙切れですけど、数百万の価値がありますからね。

ちなみに、無くした方は税務署で再発行の手続きが必要だそうです。HPでもダウンロード可って書いてあるからよく読んだら、「再発行の申請書」がダウンロードできるだけで,やはりすぐにはもらえなそう.
詳しくはこちら→年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除関係書類の交付申請手続


2 銀行(または住宅ローンを借りている金融機関)から送られてくる「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」
我が家は10月中旬着でした。
残高はびっくりするくらい減っていなくって(^^)
残額があと2750万もありました。ほほほほ。今年もいっぱい控除が受けられそうです。(うまくいけば27万5千円,しかし納税額がこれより低ければ当然納税額以上は戻ってきません)

※我が家は平成24年入居ですので,「3,000万円以下の部分の金額で10年間,1%」の条件です.入居時期により条件は大きく異なりますのでご注意ください.


1の書類に必要事項(おもに2の書類の金額など)を記入し、2を添付して会社に提出すればOK!取り寄せの必要がある書類もないし、お金もかからないし,税務署に行かなくていいし,
去年と比べてすっごく簡単!
2年目以降は基本的に同じやりかたなので,3年目も4年目も楽そうでうれしいです.

ただし自営業の方などは、1年目同様また確定申告が必要なようですのでご注意ください.

あーお金が返ってくるのうれしいなぁ…



↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


困ったことが起きました.

今日突然マイホームのトイレの水の流れが悪くなったのです.
朝,家族が出勤,通学する前までは普通に使えていました.
夕方みんなが帰って来て夕飯を食べ,その後金曜ロードショーのハリッポッターを楽しく観ていて,
CM中に先にこどもがトイレに入り,次に私が入ろうとしたら水が便器のふちギリギリまで上がって来ていて
あぶなくあふれるところでした.

こどもは小しかしておらず,トイレットペーパーもそんなに大量に使うことは無いと思うのですが…
どうして詰まったんだろう?
そもそも水があふれそうな中に,1回分のトイレットペーパーは浮かんでいる状態だったので,
詰まっているとしたらその前に使用した人だと思うのですが,誰かよくわからず….

私も1回はトイレに入っていると思うのですが,普通だったと思うのです.(記憶にないくらい)

幸い我が家はトイレが二つあるので,もう一つのトイレを使用していますが,リビングから離れているのでやはり不便です.(しかしトイレが2つあって良かった!とこれほど思ったことはありません)

トイレの水位は,1時間くらいするといつもくらいの水位にゆっくりと下がるので,
「あれ?直ったか?」と思ってレバーを回したらまたふちギリギリまで水位が上がって心臓が止まりそうになりました.


これは明日ラバーカップ(木の棒にゴムのお椀みたいなのがついててカッポンカッポンするやつ)を買ってくるしかないですね….

それで直らないと,便器を外してとかの工事になるとすっごくお金かかるみたいなので憂鬱です.
うう…楽しい週末がトイレのことばかり考えることになるとは…














↓家造りのトラブルに関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家作りの悩み・トラブルへ
家作りの悩み・トラブル


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


さて,先日のトイレのつまりのその後です.先日の記事はこちら→トイレのトラブル


楽しい金曜日の夜にトイレの詰まりのことばかり心配するはめになり,がっかりしながらも
「でも明日になったら直ってるかも?」という楽天的な気持ちもちょっとありました.
その日は遅かったので就寝することに.
なお,うっかり詰まっているトイレに入らないようにドアの前にバケツでバリケードしました.寝ぼけてたら忘れちゃいますからね.


そして土曜日の朝…

昨日あふれそうだったトイレは…


水が完全に無くなっていました.



これはよくない.

なぜなら,本来便器の下に少したまっているはずの水(これが下水からの悪臭などを防ぐストッパーの役割をしています)がからっからなんです.あふれるのもいやですがからっからもいやです.

そして恐る恐る「小」のレバーを流すと,案の定全然流れなくってあふれそう.

これは完全に異常事態だなーということで,朝10時を待って近所のホームセンター(ちなみにホーマック)に行きました.
もう目的はただ一つ,ラバーカップを買うことですので,入り口で店員さんに聞いて即お掃除コーナーへ.

ラバーカップも,和式用,洋式用,小さめ,大きめなど様々あります.
しかし昨夜トイレの詰まりについてみっちり調べていた私は(どんな週末だ)
迷わず一番大きいタイプの洋式用を購入.

下手に小さいのを購入して,うまく直せなかった体験談などを熟読し,これは一生ものと思って
いいものを買おう!!と決意していたのです.(だから100均のなど目もくれない)


形が普通のお椀を逆さまにしただけではなく,さらに吸い口がついていて強力なやつです.
↓大きさ,形はほぼこれと同じで,さらに収納カバーもついたものを買いました.1000円くらいだったかな.



私は初めてこのラバーカップを使ったのですが,これは詰まりを押し出すためのものではなく吸い出すためのものなのですね.なのでまずバケツで便器に半分くらいまで水を注ぎます.(水が無いと使えません)
ゆーーーっくりカップを排水口に押し付けて,中の空気を抜きます.
その後一気にカッポンと引くんです.なので,水がものすごくはねます.
透明のゴミ袋の真ん中に小さく穴を開け、そこにラバーカップの柄を通して,ゴミ袋を便座にかぶせてしまうといいですよ.

さてかっぽんかっぽんすること5回目くらいでしょうか,突然


っごっ…ごごごごごごごーーーーーー


という音がして,水が流れて行きました.

そして何事もなかったかのような顔した我が家のトイレ(でも水はねでびしゃびしゃ)


それ以来一週間経ちますが,問題は無く平穏です.
トイレが安心して使えるって本当にすばらしいことです.

結局何が原因かわからないのですが,原因として考えられることはやはりトイレットペーパーの詰まりだと思います.実は先日ガソリンスタンドでトイレットペーパーをサービスでもらったのでそれを使用していたのですが,それがダブル(2枚重ね)なんですね.
で,我が家はいつもシングル….それで,同じ感じで使っていると2倍量使っちゃうのかなと思ったりしましたが,本当のところはわかりません.

しかしラバーカップがある今は,安心感がちがいます.
我が家のトイレの神様として,物置きの奥で家族の安心を守ってくれています.
(※今回のラバーカップ代はマイホームの必要費用に加算しません)

クラシアンを呼ばずに済んで本当によかった.(そしたらこんな費用では済まなかったでしょう)

みなさんもお気をつけ下さい.



↓家造りのトラブルに関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家作りの悩み・トラブルへ
家作りの悩み・トラブル


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。