カテゴリー内個別記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、先日の申し込みの時点で、工務店といくつか約束をしていた事項があると書きました。
申込書、契約書にもこのことは盛り込んでもらっています。

その内容というのは、建売住宅の標準仕様からグレードアップしてもらったものです。
本来追加工事費がかかるのですが、これは本体価格に込にしてもらったので、
「かからなかった費用」というカテゴリーで足していきたいと思います。

グレードアップその1

 お風呂の標準仕様がセミオートタイプで、追い炊き機能がありませんでした。それまでのぼろ社宅ですら追い焚きがあったので、これは絶対につけて欲しいと交渉。フルオートタイプ(追炊き)に変更しもらいました。
最初に提示された差額がは+120,000円です。

グレードアップその2
 ガレージには自然換気口(つまり外とつながる穴みたいな)しか換気が無かったのですが、車の排気などがこもってよくないのでは?と思い、パイプファンの換気に変えてもらいました。スイッチを入れると回る台所の換気扇みたいなものです。提示されていた差額は+1万円です。




ここまでにかかったお金

100,000円


<内訳>
100,000円(申込金)


かからなかったお金


130,000円

<内訳>
120,000円(追い焚きグレードアップ代)
10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)



ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

スポンサーサイト
ところで私は建売住宅の購入の際に、
売主と直接契約だったので、不動産屋さんに払う「仲介手数料は無し」でした。

これはすごく大きいですよね!

私が家を購入した工務店では、建築中は売主(工務店)が広告を出していて、
建築後は別の不動産会社さんに仲介を依頼していたようです。

宅建業法では、この価格帯では
「税抜き物件価格×3%+6万円+消費税」が上限(ふつう目いっぱいとる)となっているので、
うっかり仲介業者さんとおして契約していたら、

土地代1100万円+建物(税抜)1809万円=2909万円の税抜き物件価格にたいして、

2909万円×3%+6万円=93万2700円(これが仲介手数料)

さらに仲介手数料に対する消費税5%がかかるから 932,700×1.05=979,335

なんとあと100万円くらいかかるところだったんですね…。
あぶねー

ちなみに契約書などの書類は売主の工務店さんが作成し、私がチェックしました。

実は私、昔不動産屋につとめていたこともありまして
宅地建物取引主任者の資格も持っているんですね

それでまぁこの契約内容ならばよいでしょうという判断を自分ですることも出来るのですが、
なかなか慣れない人だと難しいでしょうから、仲介業者さんに間に入ってもらうというのも
必要なのかもしれませんね。


売主ともめたときとか間に入ってもらえますし…。
メリットデメリットと、いざというとき自分がどこまで戦えるかということで判断するしかないのかなぁ。



ここまでにかかったお金

100,000円


<内訳>
100,000円(申込金)


かからなかったお金


1,109,335円

<内訳>
120,000円(追い焚きグレードアップ代)
10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
979,335円(仲介手数料)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
今日は地盤について書きたいと思います。

我が家が建っているところは大昔からの市街地なのですが、

すこぶる地盤がゆるいんですね。

まー本来なら地盤の固いところに家を建てるべきなんでしょうが、
市街地から山のほうに離れれば離れるほど硬い(笑)という状況でして、
立地をとるか地盤をとるかという話になってくるわけです。
近隣のおうちも皆さん10メートルくらいは杭を打って地盤強化しています。

かくいう我が家も10メートルのRC杭を30本打っております。
これはどんなもんかというと、見た目電信柱みたいな鉄筋コンクリートの杭を、
地中深くの硬い層まで刺すんですね。

イメージで言うと、地面の上に置いた豆腐(=緩い地盤)の上に重いもの(=家)を乗せると
不安定だし沈んだりするから、豆腐に割り箸(=杭)をいっぱい刺して(地面に刺さるくらい)、
その割り箸の上に物を置けば安心、ってことらしいです。

書いてて全然安心じゃないですけどね…
そりゃー地盤が固いのがいいんでしょうけど、もうその人の価値観ですよね。

ちなみに、近くの建築条件付土地の場合は、地盤改良費は120万円(工事費込)ということでした。
いまどきはローコスト住宅ということで、1千万前半で建てられるおうちもありますが、
やっぱり注文住宅だとこういう費用がいろいろかかるんですよね…。

我が家は建売住宅なのでかからなかった(というか建物本体価格に込みなのでしょう)です!



ここまでにかかったお金

1,008,250円


<内訳>
100,000円(申込金)
900,000円(契約金残額)
  7,500円(売買契約時印紙代)
    400円(所得証明取得費用)
    350円(住民票取得費用)

かからなかったお金


2,309,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
今日は外構工事の費用についてです。

といっても、建売住宅なのでこちらはかからなかった費用になります。


外構ったって、必要最低限なのでたいしたことしてあるわけじゃないんですけど(←全国の建売住宅のみなさんに失礼)、一応駐車場(2台分)と家の前(アプローチ)はアスファルト舗装されているんですね。
あと、それ以外の部分は砂利がひいてあります。

引渡しの前に、砂利で仕上げますが、畑とかお庭にするならそのままに
しましょうか?と聞かれました。

いずれは家庭菜園もやってみたいし、花壇も作りたいなぁと悩んだんですけど、
しばらくお庭をいじる余裕もなさそうなので砂利を敷いてもらいました。

この費用はもちろん建物本体価格に込みだったので、かからなかった費用です。
知り合いの工事やっている方に、これくらいやってもらったらいくらくらい?と聞いてみたら
40万くらいだねとおっしゃっていたので、かからなかった費用で40万円を計上します。


もうちょっとグレードのいい、お庭の工事はこれからの夢ということで貯金に励みたいと思います。
(本当はカーポートもほしい…)




※2013.10 最近の外構に関する記事はこちらです→気になる隣の外構工事の費用

ここまでにかかったお金

32,389,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)

かからなかったお金


2,709,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)

ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村






   
 


テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
これは、我が家ではかからなかった(というかかけなかった)費用になりますが…

引越しハガキ(転居通知・転居ハガキ)の費用です。

最近はメールで知らせたり、出さない方も多いようですが、
我が家でも転居ハガキとしては出しませんでした。
もし出していたら、100枚程度になったと思いますので、
12,000円くらいかかったと思います。



なぜうちでは転居ハガキを出さないことにしたかというと、

・出すことに夫があまり乗り気でなかった(自慢しているみたいに思うらしい)
・町内の引越しで、自宅電話番号が変わらない
・住所以外の変更点(例えば職場・苗字・家族構成など)が無い
・引越し時期が年の後半にあり、年賀状に転居の旨あわせて書く作戦にした

まー最後の理由が一番大きいですね。
3月引越しとかだとさすがに迷ったと思います。

我が家は年賀状でなんとか無事(?)に報告できました。

↓最近はネット上でプレビュー画面まで出してくれるところがあって便利ですね。
我が家はだいぶ前にプリンターは捨ててしまいました。(インク代ばっかりかかるので…)




かからなかった費用に12000円計上します。



ここまでにかかったお金

32,405,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)

かからなかったお金


2,721,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村






   
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
先日優雅に紅茶などいれてマイホームでのんびりしていたら…

納税事務所からお手紙が届いていました。

「不動産取得税納税通知書在中」って書いてある…。

やな予感。。。と思って開けたら、でました請求書。

土地の部分の不動産取得税請求書 98,000円!

なにー!もうボーナスなど残ってないわーと怒り狂いながらよく読んだら、
新築未使用の建売住宅を取得した人は軽減措置があるとのこと。

該当するための条件は3つ
1、建物の延べ床面積が50以上240平米以下
2、新築から1年以内の取得
3、購入による取得

ほうほう、全部当てはまるねぇと思い、必要書類そろえて本日県税事務所にいってきたところ、
めでたく全額免除となりました。

しかし、なんと減額申請しないと、0円にならないという恐怖のシステム。

うっかり払ってしまっている人もいるんじゃないでしょうか…。

みなさん気をつけてくださいね。


ちなみに、建物のほうにかかる不動産取得税は、すでに減額されたものが請求書で届くそうです。
どうやらこちらも10万前後になりそうな予感(減額後で)
うーむ、それのお金は用意しておかなければ…。




ここまでにかかったお金

32,405,460円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)

かからなかったお金


2,819,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村



   
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
ひさしぶりに,我が家(建て売り住宅)ではかからなかった費用についてです.

最近は住宅建設ラッシュがすごいですね。うちの近所でもたくさん新築工事しています。

もう何ヶ月も前なのですが、帰省した際に親戚の地鎮祭にお呼ばれして行ってきました。
地鎮祭は子供のとき以来です.
そういえばむかーしむかし、私が小さいころは、ご近所で棟上式とかがあるとおもちをまいてふるまってくれましたが、最近は見なくなりましたね。

地鎮祭も、最近は少ないんでしょうか?
我が家は建売住宅なのでもちろんかかりませんでしたが
注文建築の方は、やはりする方のほうが多いんでしょうね。
親戚のおうちは自分の土地にハウスメーカーで建てる注文建築です.

ちなみに、親戚に聞いたら(小さい頃から仲良しでざっくばらんな関係なので聞いちゃいました
神主さんへのお礼(初穂料)やお供え品、テントを張ってもらう費用などでトータル7万円だと言っていました。天気悪そうだからテント貼った、と言ってたので、晴天見込みでテント無しならもっと安いのかもしれません.

この辺は地域差もあるんでしょうね。業者さんにご祝儀を渡すところもあるようですし。

ちなみに我が家はお祝いにお酒を持って行きましたが,HMからもお酒が届いていてそちらのお酒をお土産にもらいました(笑)

すてきなおうちが建ちますように

↓家造りのお金に関するトラコミュはこちらです
にほんブログ村 トラコミュ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話


ここまでにかかったお金

32,537,310円


<内訳>
   100,000円(申込金)
   900,000円(契約金残額)
     7,500円(売買契約時印紙代)
       400円(所得証明取得費用)
       350円(住民票取得費用)
    65,000円(引越し費用)
     1,500円(引越し業者さんへの飲物等)
    88,500円(前住居原状回復費)
    20,000円(金消契約印紙代)
       700円(金消契約用印鑑証明代・2通)
       350円(金消契約用住民票)
   558,000円(火災保険・家財保険30年+地震保険5年)
29,000,000円(建売住宅代金の残金)
   340,000円(ローン保証料+事務手数料)
   240,000円(所有権移転、抵当権設定、所有権保存登記費用等+司法書士報酬)
     1,260円(振込み手数料420円×3件)
     2,000円(現場への差入代)
   409,500円(カーテン代)
   160,000円(壁紙グレードアップ代)    
    29,000円(土地の固定資産税精算金)
     6,000円(引越しの挨拶・お別れ編)
    80,000円(建物表示登記費用・土地家屋調査士報酬)
     4,000円(引越しの挨拶・こんにちは編)
   350,000円(新居家具・家電・備品など)
     5,000円(ゴミ捨て代・焼却施設持込)
    18,500円(表札代)
       900円(引渡し時の飲物代)
     2,000円(電話移設工事代)
     8,000円(引越しそば代)
     8,000円(防犯ジャリ代)
    10,000円(ルーター代)
       350円(確定申告用住民票)
     1,400円(確定申告用登記事項証明書、土地・建物分)
    110,500円(固定資産税・都市計画税)
     9,600円(町内会費・1年分)

かからなかったお金


2,889,335円

<内訳>
  120,000円(追い焚きグレードアップ代)
   10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
  979,335円(仲介手数料)
1,200,000円(地盤改良費・軟弱地盤のため)
  400,000円(外構費用)
   12,000円(引越しハガキ代)
   98,000円(土地の不動産取得税・減額申請により0円)
   70,000円(地鎮祭の費用)


ブログランキングに参加しております。
↓バナーを押すとみんなのアイディアいっぱいの住まいブログランキングに移動します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。