カテゴリー内個別記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、物件を決めるまでのお話です。


もともと我が家はせっまいふっるい社宅に住んでいました。
築35年、60平米以下(18坪くらい)のせまーい社宅です。
でも家賃が相場の半額くらいで済んでいたので、ありがたいことだと
思い家族4人で満足して住んでいました。

しかし子供も大きくなってきて、男の子と女の子だし、今後のことも考えるとそろそろ家を買ったほうが
いいのかな?と思い、住んでいる地域はとても気に入っていたので周辺の中古マンションや建売住宅を見て歩きました。

そして3件めに見たのが今住んでいるマイホームです(早っ)

なんで注文住宅にしなかったかというと、

・予算がない(中古なら2千万、建売なら3千万、注文なら4千万が相場のエリア)
・家にたいしてはあまりこだわりがない
・エリアは逆に超こだわりがある(小学校区がかわらないところ限定・隣接区もイヤ)
・設計・打ち合わせ・工事などで時間がかかるのがイヤ(入居まで半年以上かかる)


夫は思い立ったら即!というタイプなので、物件みるとすぐ
「いいな!ここにしよう!来月の連休に引っ越そう」って感じでした。
最初の2件は私が同意せずに反対、3件目は二人ともとても気に入ったので
購入することになりました。

小学校とスーパーが5分以内にある住宅街です。


物件を探し始めて、一か月くらいたったころでした。

次でいよいよ申し込みをします。

ちなみに物件探しに一番利用したのはスーモやアットホームのスマホアプリです。
GPS機能をつかって、現在地の〇〇キロ以内で検索できるからエリア限定の方には超おすすめ。

また、HPでもいろいろ検索できます。
yahoo不動産とかアットホームのような総合サイトと、いろんな業者さんの独自サイトの両方をチェックしていました。(独自サイトに最初に情報がのることが多いので)

↓住友不動産販売さんのサイトとかも充実していました







ここまでにかかったお金

0円



ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
いよいよ申し込みです。

私と夫が気に入った物件は、
こども達が通う小学校まで5分、スーパーまで5分という好立地にある建売住宅でした。

これだけ聞くと掘り出し物ですが、地下鉄駅までは徒歩20分くらいかかります。

東京とかだと当たり前なのかもしれないですが、
地方都市だと、「それって最寄じゃないじゃん!」ていう感じなのです

でも車通勤だし、うちの子供たちは過去何回も夫の転勤で転校していて、
「もう絶対転校しないからね!!!」

と宣言までしていたので、同じ学区であることのほうが駅からの距離よりずっと重要でした。
(そもそもここの学区にこだわると駅徒歩15分くらいからしかない)

この辺はほんとにみんな価値観が違いますよね。


あ、そして申し込みですが、私たちの家を建てた工務店さんでは、一律10万円でお願いしている
ということで申し込み金は10万円に。

A4くらいの紙に、
・物件名とか金額、日付など
・そして契約にならなかったらお金は全額返す
・契約になった場合は、頭金に申込金を充当する
・契約前に約束していたこと(これは後日書きます)
という文言がはいったものに捺印し、原本は提出、コピーをいただきました。


無事契約になったからよいものの、このあとのローン審査の状況では契約にいたらない
可能性もあるので、内容はきちんと確認したいですよね。



ここまでにかかったお金

100,000円


<内訳>
100,000円(申込金)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。
前回までの記事で、

諸費用150万円予定(ざっくり)
頭金 100万円
銀行借入金 2900万円

とすることに決めました。

で、住宅ローンを組むときに、
どの銀行で、どんなプラン(金利)で借りるかということを検討しないといけません。

よくみる建売住宅のチラシなどでは、
毎月たったの〇〇万円(金利0.8%3年間固定)などと書かれていますよね。

借りるほうにしたら低ければ低いほどうれしい金利ですが、
変動するんじゃ将来の設計も立てれないしな…とかなり悩みどころです。

また、どこの銀行で借りるか…というのも悩みどころです。
最近はネット銀行が隆盛で、金利の安いプランもたくさん出ているけど、
数千万のお金のやり取りを、ネットだけで済ませるのもどうなのか…

などといろいろ夫と悩んだ末
結局我が家が決めたのは以下のプランです。

銀行:地元地銀
<理由>地元では最大手で店舗が多い&近い
   夫の会社のメインバンク、給与振込口座、定期貯金の口座もあるので通りやすそう?
   

金利:全期間固定1.95%
   8大疾病団信0.1%加算  計2.05%

期間:30年
借り入れ金額:2900万円
ボーナス時加算:20万円


毎月支払額: 74,724円

ボーナス無しで払うとすると、月108,000円くらいの感じですね。かなり高いです


ちなみにですが…ボーナス払いの金額なども同じで、変動金利0.8%で計算すると、
毎月の支払額は 57,361円と劇的に安くなります。

しかし怖い…。うちはお金持ちなわけでないから、余計に金利が変動するリスクが怖い…

ということで、この固定金利のプランで事前審査をお願いすることにしました。


ちなみに、銀行の方に聞いたのですが、

全期間固定のほうが、審査が厳しく、通りにくいそうです。

まー30年もお付き合いすることになるんだから当然ですよね…。
とにかく銀行の方は「変動おすすめ!今はほとんどの方こっちですよ!」って推してくるんですけど、

「銀行が変動をすすめてくる」
=「銀行に有利」
=「固定のほうが借主には有利」

とますます思えてきて…。私も会社務めが長いので、企業がすすめるものが必ずしも顧客にとって
良いものではないということを知っています。(ブラック企業じゃないですよ
でも、多くの会社にとって一番売れて欲しいものは採算性の良い商品だと思います)

推されれば推されるほど、ますます固定がよく見えてくるあまのじゃくなワタクシ…。


結局全期間固定を選びました


ここまでにかかったお金

100,000円


<内訳>
100,000円(申込金)


かからなかったお金


130,000円

<内訳>
120,000円(追い焚きグレードアップ代)
10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)



ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

さて、前回までの記事で、30年の固定金利で事前審査の申し込みをすることに決めました。

お願いする地元の銀行は、事前審査(仮審査)のときは業者さん経由でもよいということで、
売主である工務店さん経由で書類を提出しました。

その銀行のHPによると、

「原則翌営業日には回答しております」との記載が。

工務店さんからは、「2~3日かかります」と言われていたものの、返事はすぐくるだろうと
たかをくくっていました。。。

ところが2日たっても3日たっても返事はこず・・・

本当にこういうのって心臓に悪いですよね。

じつは夫は現在の会社に勤務してもう長いのですが、
正社員としては2年目だったんです。
そう、それまでは契約社員でした。

だからだめなのかな…?正直に書かないほうよかったのかな?とかもう夜も眠れません…


きっともうだめだ、数打ちゃ当たる戦法でネット銀行に片っ端から住宅ローンの仮審査の
依頼をだそうか…と思いつめていた4日目、無事OK!の連絡が来ました。
長期固定金利だと、審査が厳しいからちょっと日数がかかったみたいです。



↓今はこんな便利な一括仮審査申請なんてものもあるんですね!驚きです。





とにかく、よかった~~

ということで、住宅ローン仮審査も無事とおり、次がいよいよ契約です!




ここまでにかかったお金

100,000円


<内訳>
100,000円(申込金)


かからなかったお金


130,000円

<内訳>
120,000円(追い焚きグレードアップ代)
10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)



ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。

テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
前回ハラハラしながらも住宅ローンの事前審査に無事とおり、めでたく契約となりました。


実は早めに契約したい理由がありまして、
私たちは建売住宅を売主(工務店)直接取引きで購入したんですが、
まだ内装とかが始まっていない状態だったので、
壁紙などはこちらで選ばせてもらえるということになっていたのです。

それで事前に壁紙カタログなどはいただいて、いろいろと夢や希望を膨らませて
いたのですが、実際の壁紙の発注は契約してから、と言うことにしていました。

申込書にも書いてあるとおり、住宅ローンの仮審査に通らなければ
白紙になりますからね~
万が一購入できなかったときに、私たちが選んだ壁紙が、他の方にも喜ばれるとは限りませんし…


ちなみに、契約書にも、「住宅ローンが通らなければ白紙になる」旨記載されていますが、
銀行さんのお話によると、
仮審査(事前審査)通って、本審査通らないというのはまずないそうです。

なぜなら同じ基準で審査しているからとのこと。

でも、例えば仮審査と本審査の間に会社をくびになったり、
申込者が悪いことして逮捕されたりすれば、通らないこともあるでしょうね~。


さて、契約ですが、
工務店さんに夫と出向いて行いました。事前に契約書類、重要事項説明書、設計図書など人とおりコピーをいただいていたのでスムーズにいきました。これは、絶対事前にもらって確認してくださいね!

私は地盤調査について不安があったので、契約前によく説明してもらいました。

なにか少しでも不安があったら、ぜったい契約書にサインしてはだめですよ。
「ちょっとこの部分が納得いかないので、一度持ち帰って検討します」と言えば良いのです。

もと不動産屋の私が言うのですから間違いありません。


さて、話は戻って、私たちが購入したのは、建売住宅 土地1100万、建物1900万  計3000万円の商品です


契約書は1通で、原本買主、コピーを売主が保管(双方原本保管なら2通なので印紙代も2倍)します。

契約金 100万円(ただし、申し込み金10万円を充当するので、この日の支払いは90万円)

印紙代 7500円(15,000円を売主・買主で折半)

札束とか初めてさわったのでドキドキしました~




ここまでにかかったお金

1,007,500円


<内訳>
100,000円(申込金)
900,000円(契約金残額)
  7,500円(売買契約時印紙代)


かからなかったお金


1,109,335円

<内訳>
120,000円(追い焚きグレードアップ代)
10,000円(ガレージパイプファン取り付け代)
979,335円(仲介手数料)


ブログランキングに参加しております。
バナーを押して応援していただけると更新の励みとなります。よろしくお願いします。



テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ


スポンサーリンク





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。